マサコ三才の、作品

マサコ三才プロデュース作品:Discography2009−2011

当時の回想などとともにまとめてみました。それでは、ご覧ください・・・

恋濃度0

1stAlbum
恋濃度0
2009.03.09.
kipis-19201

記念すべき第1作目。
そもそものきっかけは、知人のギャラリー企画のディスクデザイン展。 何を作ろうかと考えたときにすぐに浮かんだのが、カラオケ大好き林先生だった。
『林さんがカラオケで唄ったものをCDにしたら・・・それおもしろくない?!』
そして企画の旨を伝え、ノリノリで快諾していただいたのだった。
全ては、ここからはじまった。

RMB

2ndAlbum
Rock Me Baby
2009.06.08.
kipis-19202

『次回作はRockMeBabyで!!』と、林先生からリクエストをいただき、前作から3ヶ月しか経っていないのに早くも2枚目をリリース!!すごい!本物のバンドみたいなリリースの仕方だ!!
この作品だけ、ジャケット部分と本体のブックレット部分を分離させた形状になっている。
私事だが、この作品を制作直後にプリンターが逝ってしまった・・・。

ママミル1

3rdAlbum
ママの
ミルクショー
2009.11.06.
kipis-19203

本物のバンドのアルバムリリースでもよく語られる、 ”勝負の3枚目”。林先生が出した答えは、コンセプトアルバムだった!
架空のカラオケスナック【ママのミルクショー】で毎夜繰り広げられるあんなことやこんなことー2nd制作時あたりから林先生の脳みその中ではじまった、幻とか夢とかが発酵してマサコ三才が視覚化したらこうなった!
テーマは『昭和歌謡愛欲激情』ちなみに林先生のお気に入りキャラは、グラマーミ烈子。

ママミル2

4thAlbum
ママの
ミルクショー2
2010.08.06.
kipis-19204

テーマは『今度のママミルは、とってもフルーティー』
前作からの個性的なキャラクターに加え、強力な大型新人双子(モモ&クルミ)現る!!
この作品からデジカメとGIMPを導入、出来ることが少しずつ増えていくことに手応えと喜びを感じていた。
展示は新宿ゴールデン街のギャラリー兼バーFLAPPERにて。実はこの期間中、幻のマサコ三才初監督映像作品を発表していた。今や、はずかしくてとても見返せない・・・

ママミル3

5thAlbum
ママの
ミルクショー3
2011.11.04.
kipis-19205

DVDパッケージ作品に初挑戦!!
撮影機材はデジカメのムービー機能、編集に使用したソフトはパソコン付属のアクセサリ(Windows Movie Maker)・・・。
マサコ3才が夜な夜なエコノミーなツールをあやつり出来上がったのは、B級のなかのA級?!良く言えば1980年代初期を彷彿させる?!的な、プロモーションビデオ(以下PV)8篇だった!!
林先生の個展期間中に不定期開催されているカラオケなどで撮りためていた膨大な動画ストックを、マサコ三才の独断と偏見とセンスで編集。B級なりに、聴覚と視覚とリズムのバランスと、エンターテインメント性ー楽しさとわかりやすさには、ものすごくこだわった。

no image

6thAlbum
???

coming soon!