マサコ三才の、作品:ママのミルクショー

マサコ三才の、作品:ママのミルクショー

※クリックすると、マサコ三才作のママミルサイトが別タブまたは別ウィンドウでひらきます

最高のキャスト!最強のスタッフ!がお届けする、真夏の夜の幻か!?此処はカラオケスナック「ママのミルクショー」宇宙の場末の愛すべきアナグラステージ脳みそトロットローで今日もグラス片手に素敵にベロベロ〜♥?ママのミルクショーとは?林晃久画伯の、「幻とか夢のような脳みそ発酵的な架空のイメージ世界」を、マサコ三才が視覚化したものです。よって、登場する人物・団体は全てフィクションです。

ママのミルクショーディスコグラフィ

ママのミルクショー2009.11.06.kipis-19203

ママのミルクショー:ジャケット

林先生による解説

ママミル1の中身

ママのミルクショー2:2010.08.16.kipis-19204

ママのミルクショー2:ジャケット

林先生による解説

ママミル2の中身

ママのミルクショー3:2011.11.04.kipis-19205

ママのミルクショー3:ジャケット

林先生による解説

ママミル3の中身

ママミル手帳

歴代のママミル手帳

・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年より、マサコ三才として唐突に作家活動を開始しました。

そもそものきっかけは、2009年2月の知人のギャラリー企画のディスクデザイン展
「音楽×デザインをテーマに、みんなでCDジャケットをデザインしちゃおう」という主旨で、
何を作ろうかと考えたとき真っ先に浮かんだのが、
一人カラオケ(時にはオールナイトで)も厭わないほどカラオケが大好きな画家・林晃久画伯だった。
「林さんがカラオケで唄ったものをCDにしたら・・・それおもしろくない?!」

すぐにこの企画の旨を伝えたところ、ノリノリで快諾していただいた。
全ては、ここからはじまった。

ディスクデザイン展直後の2009年3月、
林晃久画伯の個展で内容を一部改訂した『恋濃度0』を発表。
このCDジャケット型作品集が好評を博し、
2009年6月の個展では『Rock Me BABY!』を発表。
過去の作品一覧

そして2009年11月、代表作となる、この【ママのミルクショー】シリーズが始まった。

【ママのミルクショー】オフィシャルサイト
http://milkshow.msk3.tv

top